[躁]を経験していても、本人に自覚が無いため主治医に伝えない

鬱から始まる

双極性障害の特徴として挙げられることは、まず「鬱」の状態から始まる場合が多いことです。鬱の症状がでたらまずは医師に診断して貰うようにしましょう。できれば身近な人と一緒に診断を行う様にしましょう。

» 詳細を確認する

リスクについて

双極性障害は死亡率が高く、鬱病と間違えて診断されることが多い病気です。この病気は正しく治療と診断を行うことによって、安定した日常生活を送ることが出来ますので、焦らずにしっかりと治療を行うようにしましょう。

» 詳細を確認する

双極性障害とはなにか

双極性障害とは

双極性障害とは「躁鬱病」とも呼ばれている病気です。この病気は「躁」の状態と「鬱」の状態を繰り返し、他人を傷つけ、自分自身も追い込んでしまいます。双極性障害は躁の状態によって、「双極?型障害」と「双極?型障害」に分けることが可能です。双極?型障害は、躁の状態が激しいことが特徴として挙げられます。躁の状態があまりにも酷いことが多く、鬱状態に入るとさらに自分を追い込み、自殺してしまう方もいます。双極?型障害は双極?型障害に比べ、躁の状態でも日常生活に支障をきたすということはあまりありません。しかしそれでも周りからはおかしく感じる行動が多く見られ、アルコール中毒など別の病気と合併してしまう恐れが高いので注意が必要です。

原因はなにか

双極性障害の原因はまだはっきりとは分かっていません。しかしこの双極性障害は「遺伝子的要素」と「環境的要素」、そして「病前性格」が大きく関わっているのではないかという報告がされています。遺伝子的要素とは、遺伝病のようなものではなく、いくつかの遺伝子が組み合わさったことによって発症するのではないかという考えです。環境的要素は患者が今まで育ってきた環境が影響しているのではないかという考えで、家族から暴行を加えられていた場合や、愛情をあまり受けずに育てられた場合に双極性障害にかかりやすいのではないかということです。病前性格というのは、簡単にいえばこの病気にかかりやすい性格のことを指し、一般的に周りに対して心配りができ、ユーモアあふれる現実的な指向性が強い方がなりやすいといわれています。

普段の生活環境を診断の軸にする

一般的には、躁うつ病と呼ばれる、双極性障害は診断が必要でしょう。それには他者が、噂などで軽率な判断をしては駄目なのです。早とちりや他力本願な、視点で患者をみることは、本人への負担になります。もし双極性障害の患者と、疑わしきでも医師の診察を仰ぎます。そして場合によっては、通院やカウンセリングなどの、病気治療が大切になります。あまり周りが奇異な目線で、みたり特別視するのも、早計といえるでしょう。これらの双極性障害の、診断には専門家の、診断が有効になります。 例えば手近なところでは、福祉の専門職や、医療周辺職者などが適当でしょう。双極性障害の気づきには、洞察力がいるので、生活環境を振り返ることが大切なのです。

本人の適応能力の低さを責めずに支援をおこなう。

精神病に関わる状況が、欧米化しているといえます。また学校生活においても、体調の変化や、罹患すると心配になります。一つとしては、学校教諭その者の、精神疾患への罹患があります。平たく言うと、授業を教える先生が、ノイローゼ患者がいます。そうなると不安の種を、もらうのは生徒や、PTA後援会となります。まわりまわって、社会の弊害が、生徒の双極性障害の起因になるのです。この状況の改善には、PTA後援会ばかりでなく、子育て環境として取り組みましょう。それから若年性の障害の、発症は治癒の見込みを知るところです。早めの診断や、専門家への相談で、対応をしましょう。そこで決して本人の、適応能力の低さを、責めるのでは辞めましょう。

症状について

双極性障害には2種類存在し、躁の重度によって診断が出ます。躁状態が軽くても、他の症状も伴う場合があるので注意が必要になります。躁状態であるとカウンセリングが上手くいかない場合も多いので身近な人も一緒にいるとよいでしょう。

» 詳細を確認する

治療方法について

双極性障害の治療法には「薬物療法」と「精神療法」が存在し、診断によって治療法は変わります。薬物療法は薬によって主に気分の波を抑えることができます。精神療法は主にカウンセリングを行い、患者の生活スタイルや気分を調整します。

» 詳細を確認する